スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深し

ここ数日、庭含め、近所が黄色い落ち葉でいっぱいです。
街へ出ても、どこも落ち葉だらけで、秋だなぁ~~と、しみじみ感じます。

そろそろ別送品を発送しようと準備をしていたところ、
片方のダンボールが、重量13kg程になってしまっていました。
国際小包は、「~10kg」の次は「~20kg」しか値段設定が無いので、
これは20kg手前まで入れないと損だ、という事で、明日、バイト帰りに大き目のダンボール箱を買ってきます。
これでもうちょっとお土産を入れられる様子(>w<*

でも、お土産って、何を買えば良いのか、さっぱり分からないです…。
だって、有名どころって、日本でも売られているんだもの……;;
日本の店頭で直接購入できない物でも、日本で簡単に取り寄せできるようになってるし…。
土産の意味ねえええええ。どうすれば良いんだああああ。

10kgに収まった1個目は、今日、バイト行く前に発送しました。
保険無しで52ユーロ ヽ(・ω・)ノ うへー、やっぱ高いじぇv
保険つけると72ユーロだそうで…v





「ドイツから日本までの国際小包」に関して、
情報をまとめてくれているサイト様は多々ありますが、
長らく更新していないサイト様だと、情報が古かったりして、結局、完全には信用できなかったりします。
もうドイツからの船便は廃止になっているというのは、さすがに有名だとは思いますが…
値段の記載がサイトによってバラバラだったり。どれが本当なんだよー!と悩むよりも、
そういう時は、やっぱり本家本元の公式サイトで調べるのが一番正確ですね。
正真正銘の、最新情報ですし。

◆ DHLドイツ公式サイト トップページ◆
http://www.dhl.de/dhl?xmlFile=4037
※最初のページにある料金表は、ドイツ国内便の料金です。

「ただでさえドイツ語まともに読めないのに、サイトが入り組んでて、どこ見れば良いのか、さっぱり分からない!」という場合は、もう郵便局の窓口で直接質問するのが一番良いと思いますv

「ドイツから日本へ」だけでなく、「ドイツ国内便」や、「ドイツから世界各地へ」の
「値段をとにかく知りたい」という方はこちらのページが便利です。
◆ DHLの計算機 ◆
http://www.dhl.de/dhl?tab=1&skin=hi&check=yes&lang=de_DE&xmlFile=3001008

最初に「Zielland」で宛先の国を選択すれば、
以下に、その宛先に送る事のできる「Gewicht(重さ)」、「Maße(大きさ)」の選択肢を自動で表示してくれます。

蛇足。
日本語記載の「DHLジャパン」という会社もありますが、これは「日本から」の情報のみで、
かつ、「ビジネス向け」のサイトであり、しかもドイツへの詳細情報は「英語のみ」のページです。

「日本からドイツへ」送りたい場合は、「日本郵便」公式サイトの、「国際小包」のページを参照の事。





以下、バイトの話。

お昼にも夜にも、毎週頻繁に来て下さっている、常連のTさんご一行様が、
今日も閉店ギリギリまで酒を飲んで談笑した後、
「これから3週間、休暇を取ってアジアに旅行に出掛けるから、次は11月5日に来るよ。」と言って、店を後になさいました。
という事は、私は今日が最後の顔合わせだったのかー…。

もう帰ろうと店の戸口に向かわれていたところだったので、
「私が会えるのは今日で最後です」と言い出すのも気が引けて
(顔くらいは覚えてくれていると思うけど、私の名前も知らないくらいの間柄だし)、
「Gute Reise(良いご旅行を)」としか言えませんでした。

ドイツ人のお客様が、「注文お願いします」と言う為に、私達に声をかける時、
大抵は「Entschuldigung?(すみませーん)」とか「Hallo(ねぇ/ちょっと)」なのですが、
Tさんご一行様は、誰から習ったのか、「クダサイ?」と声をかけてきますv
意味は合ってるけど…何だかちょっとおかしい、でも可愛い(笑)

Tさんがいらっしゃる時は、熱燗をすぐ出せるよう準備していたり、(いつも10数本飲むので)
片口鰯の刺身がある時は「今日は鰯がありますよ」と声をかけたり、
無いって言ってるのに、いつもいつも「タコヤキください」「ふぐさしください」
(↑たまーに限定メニューで出るらしいのですが、基本的に無い物)と言ってきたり、
無いと分かってて「ペキンダックください」「トムヤムクンください」(←国が違う!(笑))という冗談を言ってきたり、
お勘定をする時にも、連れの人に向かって「ここはドイツマルクで払わないといけないんだぜ?」とか、「いや、円で払わないと!」と冗談を言っていたり、
「え?今日はHさん(うちの店の寿司担当の1人)の奢りでしょ?」とか言ったり、
箸置きや、お猪口を積み立てて遊ぶのが好きだったり、(なので、お箸は下げても、箸置きを握ったまま下げさせてくれなかったりする)
てりやきソースの乗った皿は、もう空になっていても、(ソースがあるから)最後まで「駄目!」って言って下げさせてくれなかったりv
「もう閉店ですよー」と声をかけると、「じゃあ、そのまま鍵をかけてくれて構わないよ。僕らはここで眠るから。おやすみなさーい。」と言ったり…
毎回毎回、本当に冗談の好きな楽しそうな人達でした。
今日も、お茶を出した時に、連れの人に「日本では、まずこれで手を洗うんだぜ」とか嘘を教えていました(笑)ヤケドするって!(笑)

Tさんご一行様、これからもお元気で。



今日の賄いは、焼き鶏肉と、キュウリの酢の物、ニンジンとキュウリのお新香、味噌汁、ご飯、でした。
何だか、いつもより鶏肉が硬かった……何かあったんだろうか。

それと、賄いを食べている時に、HさんにFederweißer(フェダーヴァイサー)を、お試しで少しいただいちゃいました。
Federweißerとは、発酵途中のブドウのアルコール飲料です。
ジュース以上ワイン未満で、アルコール度数10%程なのですが、凄く甘くて、味はジュースそのものです。
発酵中なので、微炭酸(本当にほんのりと)。
ちょうど秋の時期にしか出回っていないのですが、
私はドイツに秋に滞在するのは今回が初めてなので、Federweißerを実際に見るのも初めてです!

白と赤があって、両方飲ませていただきました。
白の方が甘味が強く、本当に、まさにジュースですv
赤は酸味が強いのですが、後味すっきりしていて、凄く飲みやすいです。
どっちも凄くおいしかった~~~~!!
ので、明日、自分でも白・赤、両方買ってきちゃう予定ですv
アルコールは苦手な私ですが、これは本当、ジュース感覚ですねv
お値段も1リットルで1.5ユーロくらいと格安です。
(今の円相場だと、205円くらい?うわ、安い。さすが円高。ちょっと前までなら255円の計算なのにv…それでも安いか)

Federweißerは、「発酵途中」の為、密閉できず、販売の状態でも蓋はただ被せてあるだけの物だったり、蓋に穴が空いていたりします。
店頭に出荷する際も、立てたままで運搬されますし、個人で購入した後も勿論、絶対横にはできません。
なので、お土産にはできない品=現地限定のものです。

FederweißerとZwiebelkuchen(ドイツ名物タマネギケーキ)の組み合わせは抜群らしく、
Federweißerの置いてある喫茶店だと、セットで振舞う店も少なくないそうです。
明日、買ってこれたらZwiebelkuchenも買ってこよー♪





てか、長い!長いよ本当、もう!
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました、お疲れ様です!
しーゆーノシ
スポンサーサイト
Secre

このブログかいてる人

カインド

Author:カインド
 
メイン→145AB、140WL
他→127ジェネ、126修羅、126RK、136養子AB、133GX、131メカ、120影葱、99リンカー、128ミンストレル、127皿

【宣伝】クリックで救える命がある。



「広告のクリックを行うだけで、スポンサー企業がNPO団体へ寄付を行ってくれるサイト」を集めたサイト様です。

クリックした人が寄付金を支払う必要はありません。

皆で広めよう "ヽ(・ω・)ノ゛
偽善だって良いじゃないか。
偽善で人が救えるなら儲けもんだ。


カインドのクリック募金総額
9245+562円=9807円
(2016/08/22現在)

【宣伝】再会~恋のターゲット☆ガール~


15年後の『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』を舞台にした二次創作乙女ゲームです。

発売延期なう…!詳細はサイトにて。
カインドも制作に関わっております。
よろしくね!☆

【宣伝】Raspberyl's shop

らずさんの手作りワイヤーアクセオンラインショップです。
手作りワイヤーアクセ Raspberyl's shop

カウンター

Twitter on FC2

カテゴリー

最新記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

こっそりブログランキング


【現在のジャンル別ランク】
「ラグナロクオンライン」 - 59位
「語学・英会話」- 14位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。