スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(寝ている間に見る)夢の話

大学の友人から「カインドっちが夢に出てきたのでメールしてみた」と連絡があったので、
夢の話を書いてみる。

帰国してから見た夢で、ROの人が出てきた夢ネタをいくつか。

最近また絵を描いてないので、リハビリのつもりで絵で描こうかと思ったけど、
陳腐すぎたのでやめました。





弓さんが出てきた夢。

地元の町を歩いていたら、町を飲み込む程の大きな津波がやってきて、
(※確かに私の地元は海の近くと言える場所ですが、家は山の麓です。)
空を飛んで必死に逃げていたら、(いかにも夢)
津波の方向へと走っていく弓さん(アサクロ様のお姿)を地上に発見。
何故にアサクロ?
とりあえずブレッシング、速度増加、イムポシティオマヌスをかけて、
後キリエをかけようとしたところで、(なんで夢の中の自分はいつも支援スキル使えるのだろう)
「あぁ、アスムの方が良いよなぁ」と思って、わずかに躊躇った後、
「アスムはアトさんにかけてもらって下さい」と言いながらキリエをかける。
弓さんは最初から最後まで、後姿しか見えませんでした。
会話もありませんでした。
それだけ……。





マスターが出てきた夢。

私は鹿児島の実家で39度超えの熱を出して寝込んでいました。
実家は二段ベッドで、梁の上に二枚の板を乗せて、その上に布団を敷く形なのだけれど、
その板が無く、梁のみの上に布団を乗せていて、
横になっていないと落ちそうな状態でした;(何故に;;)
するとそこへマスターが訪ねて来た。
「もう会えなくなるから、挨拶に来た。」
私の枕元でそれだけ話して、去って行こうとしたので、
「途中までお見送りさせて下さい。」と、上着を羽織って追いかけた。
「最後に一つ訊いても良いですか。」とそんな事を言おうとしたあたりで目が覚めた。
それだけ。





Hさんとらずさんが出てきた夢。

この夢は、ちょうど1年以上ぶりに黄昏の集会を満喫できた後に見た夢。
また夢の中で私は高熱を出していたのだけれど、
私は今の部屋の中の物を全部、まとめて引越しの準備をしていた。
トランクとダンボールに全て詰め込んで、「今すぐにでもここから居なくなろう」としていた。
もう黄昏から居なくなろうという気はなくなったはずなのにな?
なんでなんだろ??
しかも別れの前のような夢でどっちも高熱出してるし…何なんだこれ。
荷造りの途中で、Hさんが「話したい事がある」とおっしゃったので、
荷造りを中断して、少し移動しようとした。
移動の途中で、らずさんに会った。
Hさんとらずさんが話し始めたので、先程の話が出る事はないだろうと、
ひとまず私は居なくても大丈夫だろうと思い、熱で立ってるのも辛かったので、
「ちょっと休みます」とその場にぶっ倒れた。
それだけ。





アトレイユさんが出てきた夢。

これは昨日の朝見た夢。
めっさ長い(==
もう読まなくて良いよこれ…文章にしてみると、思いの他長かった…。

アトレイユさんと私と、もう1人誰か(夢の中では共通の友人らしき人物)と、小さな男の子の4人で、山道を歩いていた。
途中で私とアトレイユさんは2m程度の崖下に落ちたのだけれど、
登れないけど、他の2人とはぐれてるわけじゃないから(顔も見えてるし話もできる)良いか、と
そのまま2人と2人で平行して歩いていた。
お腹が空いたので休憩して、ピリ辛のビーフンのようなものを食べていた(何故に)
食事の最中で、崖下の方(大きな溝みたいになっている場所だった)に、鉄砲水のようなものが流れ込んできた。
流されてしまっては危険なので、崖上に登りたいのだけれど、いかんせん身長が足りなすぎr
私の方がちっこいからだろうか、アトさんが先に私を上に押し上げてくれて、
とりあえず私が崖っぷちにしがみつけた所で、上にいた友人が上着を下ろしてアトさんを引っ張り上げた。
その時、友人が携帯を落としてしまっていたらしい。
不特定多数の旅人が複数の大部屋を共有して泊まる宿みたいなところに着いた時、それに気付いた。
アトさんが「暗くなる前に今すぐ探しに行こう」と、友人と一緒に即刻出掛けていってしまった。
男の子は友人にべったりなので、当然セットでついていった。
「あ、私、お留守…番…?」何を言う暇も無かった。
皆の荷物があるので、追いかけるわけにもいかない。
急に、8人くらい泊まれる大部屋にポツーンと1人。
部屋は和室で、四面がほとんど襖になっている。
当然、鍵は無い。
誰が入ってくるかも分からないので、慌てて襖を全てきっちりと閉めた。
物盗りとか、宿の中に居る怖い人に見つからないように、貴重品だけ手近に置いて、
すでに部屋一面に敷かれている布団を無造作にぐしゃぐしゃにして、自分が隠れている事を目立たなくして、布団の中で息を潜めた。
これでアトさん達が帰ってくるまで待とう、と自分の携帯に目をやった。
途端、
「ここにいらしたんですね」
布団の隙間から、薄笑いを浮かべた老人が覗き込んできた。
隠れたばかりなのに、物音もしなかったのに。
逃げ場が無い、やばい、と思った時には、老人が私に噛み付こうとしていた。
咄嗟に手で顔の前を覆ったけれど、手に噛み付かれた。
ちくり、と、小さな痛みと共に、意識が鈍く遠退いた。
「あー…毒かなー、この手でアトさん達に触れないようにしなきゃ」等と考えながらブラックアウト。

まぁこの後は、アトさん出てこないです。

目が覚めると、洋館の小ぢんまりとした一室に居た。
内装は赤が基調で、古めかしく閉塞された空気が漂っている。
部屋には年齢性別様々の、車椅子の人が5人くらいいる。
気付けば自分も車椅子に座っている。
自分の足で立つ事ができない。
どうやら先程の毒の影響で、他の人達も同じ被害者のようだ。
ただ、彼等はここに居る期間が長いのか、落ち着き払って「あら、新入りさんね」といった様子。
ビデオを見るように言われているらしい。
どうにか抜け出す方法は無いだろうかと思案していると、
1人の少女が、部屋と廊下の間にある窓を、花瓶で叩き割った。
それを皮切りに、脱走を試みる人達があの手この手でドアを開け、
どさくさ紛れに私も部屋を出る事ができたけれど、先刻「新入りさんね」と薄笑いを浮かべていた車椅子の女性が「いけない子ね」と、脱走者達の妨害を始めた。
最初に窓を割った少女が、捕獲しようと向かってくる女性に椅子を投げつけたが、
女性は、車椅子から立ち上がって、こちらへ向かってきた。
なんてこった。不利すぎるじゃないか。
そんな辺りで目が覚めた。



なげえええええええ

あー、とりあえず、やりかけのレポの続きやります…。
スポンサーサイト
Secre

このブログかいてる人

カインド

Author:カインド
 
メイン→145AB、140WL
他→127ジェネ、126修羅、126RK、136養子AB、133GX、131メカ、120影葱、99リンカー、128ミンストレル、127皿

【宣伝】クリックで救える命がある。



「広告のクリックを行うだけで、スポンサー企業がNPO団体へ寄付を行ってくれるサイト」を集めたサイト様です。

クリックした人が寄付金を支払う必要はありません。

皆で広めよう "ヽ(・ω・)ノ゛
偽善だって良いじゃないか。
偽善で人が救えるなら儲けもんだ。


カインドのクリック募金総額
9245+562円=9807円
(2016/08/22現在)

【宣伝】再会~恋のターゲット☆ガール~


15年後の『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』を舞台にした二次創作乙女ゲームです。

発売延期なう…!詳細はサイトにて。
カインドも制作に関わっております。
よろしくね!☆

【宣伝】Raspberyl's shop

らずさんの手作りワイヤーアクセオンラインショップです。
手作りワイヤーアクセ Raspberyl's shop

カウンター

Twitter on FC2

カテゴリー

最新記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

こっそりブログランキング


【現在のジャンル別ランク】
「ラグナロクオンライン」 - 59位
「語学・英会話」- 14位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。