スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ語】 Himmel und Hölle

これも上半分読んだら、後半分は予想つくはず(・ω・)

Himmel und Hölle
天国と地獄

Ein Rabbi bat Gott einmal darum, Himmel und Hölle sehen zu dürfen. Gott erlaubte es ihm und gab ihm den Propheten Elias als Führer mit auf den Weg. Elias führte den Rabbi zuerst in einen großen Raum, in dessen Mitte auf einem Feuer ein Topf mit einem köstlichen Gericht stand. Rundum saßen Menschen mit langen Löffeln und schöpften alle aus dem Topf.
Aber sie sahen blaß, mager und elend aus. Es herrschte eine eisige Stille. Denn die Stiele ihrer Löffel waren so lang, dass sie das herrliche Essen nicht in den Mund bringen konnten. Als die beiden Besucher wieder draußen waren, fragte der Rabbi den Propheten, welch ein seltsamer Ort das gewesen sei. Es war die Hölle.


あるラビ(ユダヤ教の学者)が、神に天国と地獄を見てみたいと願いました。
神はそれを許し、案内人として預言者エリーアスを供につけました。
エリーアスはラビをまず最初に大きな部屋へと案内しました。
その部屋の中央には、おいしそうな料理の入った鍋が火にかけられていました。
それを囲むように人々が座っており、皆、長いスプーンで鍋の中をすくっていました。
ところが彼等は一様に青白い顔で、痩せてみすぼらしい様子でした。
その部屋はぞっとするような静けさに支配されています。
というのも、彼等の手にしているスプーンはあまりに柄が長すぎて、その素晴らしい料理を口に運ぶ事ができないのです。
2人が部屋を出た後に、ラビは預言者に、この奇妙な場所はどちらであったのか尋ねました。
そこは地獄でした。

Daraufhin führte Elias den Rabbi in einen zweiten Raum, der genauso aussah wie der erste.
In der Mitte brannte ein Feuer und kochte ein köstliches Essen.
Die Menschen hatten auch alle lange Löffel in der Hand. Aber sie waren alle gut genährt, gesund und glücklich. Sie unterhielten sich angeregt. Sie versuchten nicht, sich selbst zu füttern, sondern benutzten die langen Löffel, um sich gegenseitig zu essen zu geben.
Dieser Raum war der Himmel.


そうして次にエリーアスはラビを2つ目の部屋へと案内しました。
そこは最初の部屋とほとんと同じような部屋でした。
中央には燃え上がる火にかけられた鍋があり、上等な料理が作られています。
人々は皆一様に、また長いスプーンを手に持っています。
しかし、彼等は皆、栄養状態が良く、健康で幸せそうでした。
彼等はお互いに養い合っていたのです。自分で自分に食べさせようとはせずに、長いスプーンを使って向こう側にいる人に食べさせていたのです。
この部屋が、天国です。

=================================================================

オチが読めたっ!
寓話は、ふぁんたじーな例え話が色々あって面白いですね(・ω・)

私は人の為に労力を割く事は時に厭わず、ただし自分の事は意地でも自分でやりたがる部分があるから、ここで言う天国に適してもいないのだろうなと、ちょっと思いました。
……あぁでも、もしこの状況下に置かれて、向こう岸の人が「はいどうぞ」と私の前に差し出した料理を、私は「私よりも隣の人に」と言ってしまうのだろうけれど、皆が助け合っていれば、隣の人もすでに食べた後で「私はもう食べたから貴方どうぞ」と言ってくれる場合も十分にあるのだろう。
そうなれば私は有難く食べるだろう。
それなら確かに天国だな。
スポンサーサイト

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

ふむ…

部屋の中央に鍋。鍋を取り囲む人々。柄の長いスプーン。条件はどちらも同じですね。

同じ環境下でも、いかに発想を切り替えるかで天国にも地獄にも切り変えることが出来る。

実にメンタリティな話しでしたね。

そして生物である以上、今も昔も飢餓が最も恐ろしいわけだ。災厄やら病気やら戦争的なものを想像してたけど、確かに、食って命を繋がないことには何も出来ないものな。

食は人生の基本、だね。

No title

隈さん>
同じ状況下でも、という点では、1000の鏡のあるお寺もそうでしたね。

食はほんと大事です(`・ω・´)
Secre

このブログかいてる人

カインド

Author:カインド
 
メイン→145AB、140WL
他→127ジェネ、126修羅、126RK、136養子AB、133GX、131メカ、120影葱、99リンカー、128ミンストレル、127皿

【宣伝】クリックで救える命がある。



「広告のクリックを行うだけで、スポンサー企業がNPO団体へ寄付を行ってくれるサイト」を集めたサイト様です。

クリックした人が寄付金を支払う必要はありません。

皆で広めよう "ヽ(・ω・)ノ゛
偽善だって良いじゃないか。
偽善で人が救えるなら儲けもんだ。


カインドのクリック募金総額
9245+562円=9807円
(2016/08/22現在)

【宣伝】再会~恋のターゲット☆ガール~


15年後の『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』を舞台にした二次創作乙女ゲームです。

発売延期なう…!詳細はサイトにて。
カインドも制作に関わっております。
よろしくね!☆

【宣伝】Raspberyl's shop

らずさんの手作りワイヤーアクセオンラインショップです。
手作りワイヤーアクセ Raspberyl's shop

カウンター

Twitter on FC2

カテゴリー

最新記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

こっそりブログランキング


【現在のジャンル別ランク】
「ラグナロクオンライン」 - 59位
「語学・英会話」- 14位
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。